« のんびり三連休 | トップページ | こうせつさんの3本白樺 発見! »

2014年11月 6日 (木)

この場所は・・・、ここでしょ。(こうせつサマーピクニック)

先日、こうせつさんの野外コンサート「サマーピクニック」のポスターに使われている写真が尾瀬ではないかと、このブログで取り上げました。そのときには、尾瀬ヶ原の「下の大堀」(と言ってもわからない方も多いでしょうが・・・)ではないかと推察しました。

ところが、これを根底から覆す新たな学説が、尾瀬博士のてばまる教授から発表されましたので紹介いたします。まずはおさらいでその写真を再度アップします。

Bg_2




教授はこの山裾のラインと3本の白樺に注目し、丹念に撮りためた自分の写真と照合しましたが、どうしてもこの山裾のラインはなかったそうです。「これはなにか秘密が隠されている」と教授は考え写真の加工を疑い、写真をいじったそうです。

するとなんと・・・、次の写真をご覧ください。

Bg2

左右反転させたところ、教授は「あっ。」と声をあげたそうです。
残念ながら私はピンときませんが、皆さんわかるでしょうか?

教授は自分の写真の中から近いものを選び出し、送ってくれました。それが次の写真です。

Photo

龍宮から見晴に向かったところで、ベンチのない休憩スペースのあたりのようです。この写真の右半分、燧の右裾のラインがそっくりです。トリミングをしてみましょう。

Bg2_2

Photo_2

3

↑追加します(11/7)

どうでしょうか、山裾のラインも白樺の樹形もピッタリです。
ただ真ん中の白樺がありません。それにこのあたりでこんなにニッコウキスゲを見た記憶がありません。

このことに関し教授は、「このポスターに使った写真が古いもので、その後真ん中の白樺は枯れ、キスゲはシカの食害でなくなったのではないか。」と述べています。

いやぁ、左右反転とは。さすがてばまるさん、まさに尾瀬博士です。お忙しいところ、お手数をかけました。本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

あぁ~、すぐにでも現地へ行きこの目で確認したいところですが、もう今シーズンは入れません。来シーズンの楽しみができました。

|

« のんびり三連休 | トップページ | こうせつさんの3本白樺 発見! »

コメント

いやいや、教授とは持ち上げ過ぎですよ~(^-^;)
あの場所のキスゲは随分昔はそれなりに咲いていた記憶があります。湿原は変化しているのでシカや環境変化で変わるのでしょうね。
反転してる原因は、単に原板の表裏を間違えた可能性もありますね。
この場所が合ってるとしても昔の木道の位置と現在とでは少しズレている可能性もあります。以前は少しずらしながら補修していましたからね~ 
1995年の画像を見ると既に真ん中のシラカンバは無かったですのでそれ以前かもです。


何にしても、来年確認したいですね。

投稿: てばまる | 2014年11月 7日 (金) 21時19分

てばまるさん、このたびはありがとうございました。
左右反転なんて思いもしませんでしたが、こうして並べて見ると、反転させた方がバランスが良く画面が安定している感じがします。意図して反転させたかもですね。元の写真は誰が撮ったのか、が気になります。こうせつさんじゃないよなぁ。
最近のキスゲの咲き具合からすると下の大堀を真っ先に思い浮かべてしまいますが、昔は至るところで咲いていたのですね。下田代でこのような群落を見てみたいものです。

投稿: youic | 2014年11月 8日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552008/60609966

この記事へのトラックバック一覧です: この場所は・・・、ここでしょ。(こうせつサマーピクニック):

« のんびり三連休 | トップページ | こうせつさんの3本白樺 発見! »