« Dfと桜に踊らされ ② (2016.04.08) | トップページ | 日本山岳写真協会公募展 »

2016年4月13日 (水)

Dfと桜に踊らされ ③ (2016.04.09)

休日のこの日は、人のいない所でのんびりと今までと違うレンズを試してみようと思い、地元の浄泉寺へ出かけました。

持ち出したレンズは、Mamiya C 35ミリ F3.5 同じく C 80ミリ F2.8、Nikon Ai 28ミリ F 2.8 同じくAi 50ミリ F1.8 の4本。

10数年前にMamiyaの中判を始めましたが、気軽に手持ちで撮影するにはあまりに不向きなのでNikonのF80を買いましたが使いずらくその後中古のF3を買い増しています。それに合わせ中古レンズも買いましたが、結局中判がメインで出番がほとんどありませんでした。

さて、久し振りの中古オールドレンズ、松竹梅でいえば梅レンズですが、どんな感じでしょうか。まずは、Mamiyaの35ミリです。


804m35dsc_0748

↑9:20 雲が多く光が弱い状態でした。

803m35dsc_0755

↑9:22

続いてMamiya 80ミリ

801m80dsc_0766

↑9:41 青空が広がり光が差してきました。

807m80dsc_0789

↑9:47

808m80dsc_0806

↑9:54

さて次は、どんな写りになるのか Nikon 50ミリ

810n50dsc_0822

↑10:16

811n50dsc_0834

↑10:22

最後に、Nikon 28ミリ

812n28dsc_0849

↑10:36

813n28dsc_0855

↑10:39

814n28dsc_0859

↑10:42

正確に比較するには、同じ被写体を時間を空けずに同じ光線のもと三脚を立てて撮影するべきでしょうが、何枚も撮ってからレンズ交換してますしすべて手持ちです。比較しようもないのですが、パソコンの画面で見るぶんには大きな違いは感じません。

だったらNikonのほうが、絞りは連動するし軽いしでいいなぁ。
あとは大きくプリントしたものを見てみようと思います。

|

« Dfと桜に踊らされ ② (2016.04.08) | トップページ | 日本山岳写真協会公募展 »

コメント

ど~も、happyです。

やはりというか、とうとうイチデジに移行でしょうか?

マミヤのレンズが使えるとのことですが、マミヤのレンズ模写は軟らかいですから花のある風景撮影にはもってこいですねcoldsweats01
Nikonレンズとは全く正反対だと思います。

今週末の土曜日は楽しみにしていますscissors

投稿: happy | 2016年4月13日 (水) 18時49分

楽しそうにレンズ交換している御姿が目に浮かびます。
リサイズされた写真でも奥行きを感じますね。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年4月14日 (木) 09時34分

やはり画質優先というか階調豊かなセンサーだから、レンズの特徴も現れやすいですね。
奥行き感が、何ともいえません。
 
さて、肝心の尾瀬の風景は、期待通りにいくかどうか、楽しみですね。
  
 

投稿: MIURA | 2016年4月14日 (木) 17時53分

熊本で非常に大きな地震が発生しました。
大きな被害がないよう祈るばかりです。

>happyさん、
ど~も~です。移行ではなく並行するつもりです。
その証拠にこの日は中判も持参しました。ただ結局使いませんでしたけどね。さてこれからどうなるか、私もよくわかりません。
土曜日、よろしくです。

>鉄まんアトムさん、
いつもありがとうございます。
一か所に留まりレンズを換えてしつこく撮影する、これが歩き回る体力のない私の撮影方法のようです。
尾瀬ヶ原湖のときもしつこかったですね、二人して。
今年は尾瀬で会えるかな。

>MIURAさん、
あの~正直に言うと、MamiyaとNikonの違い、それぞれの特徴がPC画面ではよくわからないんですよ。それとやっぱり中判の透明感がないような気もしますし・・・。
まだプリントしてないので何枚か大きくプリントしてみるつもりです。
さて、今年は雪が少ないので例年より早めに初尾瀬の予定ですが、カメラどうしようか悩みます。

投稿: youic | 2016年4月14日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552008/63478129

この記事へのトラックバック一覧です: Dfと桜に踊らされ ③ (2016.04.09):

« Dfと桜に踊らされ ② (2016.04.08) | トップページ | 日本山岳写真協会公募展 »