« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月16日 (火)

日本山岳写真協会公募展(2017.5.17)

一昨年、昨年に続き日本山岳写真協会公募展に応募し入選することができました。過去2回はフィルムでの作品でしたが今回はデジタルでの作品です。自家プリントOKなので家のプリンターで印刷し応募しました。このためプリントの仕上がりが不安でしたが、安上がりで助かりました。
 
自分のデジタル作品の大伸ばし(全紙)は初めてで、今から楽しみでありかつ心配です。
 
入選作はこちら。↓↓
 
401dsc_5564
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

南こうせつグリーンパラダイス(2017.5.13)

毎年5月の第2土曜日に日比谷野外音楽堂で「南こうせつグリーンパラダイス」が開催されます。このコンサート、今年で26回目ですが、私は2012年の第21回から参加しています。
 
今年は残念ながら雨でした。とは言え、雨は2013年に経験済み。この時の経験を活かし雨対策はバッチリで、十分にコンサートを楽しむことができました。
 
ただ写真を撮ることをすっかり忘れていました。写真がないのはさびしいのでこうせつグッズ(?)をひとつアップしておきます。ただこの日は雨のため防水仕様のトレッキングシューズを履きました。
 
Fullsizerender
 
↑普段の散歩やウォーキング、そしてこうせつのコンサート参加用シューズです。色違いでしたが、この373(ミナミ)を履いている人が二人いました。考えることは同じようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

あしかがフラワーパーク(2017.5.3)

例年ゴールデンウィークには残雪の尾瀬に行くことが多かったのですが、今年はなぜかあまり気が進まず見送りました。
ですが、やはりどこかへ「出掛けたい・撮りたい」ということで評判の良いあしかがフラワーパークへ妻と行ってみました。
渋滞を避けようと朝5時に出発、3月に開通した圏央道を利用し7時半に到着しました。東北道に合流する前後でノロノロしましたが、ほぼ順調でした。
 
さて あしかがフラワーパークですが、とにかく藤が見事です。そのほかつつじなども満開で見応え十分でした。はじめに広角ズームで一回り、次に標準ズームでもう一回りし、昼頃帰ってきました。10枚ほどアップいたしますので、お付き合いください。
 
601dsc_9266_2
 
602dsc_9293
 
603dsc_9305
 
604dsc_9310
 
606dsc_9335
 
607dsc_9355
 
608dsc_9369
 
609dsc_9384
 
610dsc_9396
 
611dsc_9395
 
 カメラ: Nikon Df  
 レンズ Af ZoomNikkor 18-35mm F3.5-4.5D、Af ZoomNikkor 28-105mm F3.5-4.5D 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

熊本・宮崎観光(2017.4.30)

コンサートの後は黒川温泉に宿泊し、翌日は周辺をドライブし熊本空港から帰りました。
以下簡単に写真中心にアップします。
 
宿には6時半に到着し、すぐに温泉で疲れを取り夕食を食べると爆睡でした。
 
610p4300061
 
↑翌朝チェックアウト後に温泉街をブラブラと。 緑が多く落ち着いた佇まいに癒され、人気があるのが頷けます。途中、甘い香りに誘われシュークリームを食べ、土産に焼酎の小瓶を数本買いました。
その後宿のパンフレットで見た宮崎県にある「神々が降り立った」という高千穂峡に向かいました。
 
611p4300073
 
↑高さ100メートルほどの断崖絶壁です。
 
612p4300077
 
613p4300095
 
614p4300099
 
↑日本の滝100選に選ばれた「真名井の滝」
 
片道1キロほどの遊歩道を歩きましたが、阿蘇から湧き出た清らかな水の流れと山の緑からなるさわやかな空気に包まれ神聖な気を感じます。神々が降り立ったというのがわかる気がします。
 
ここで昼食に宮崎地鶏を食べ、南阿蘇に向かいました。
 
615p4300110_2
 
↑途中の展望台から南阿蘇を望む。
 
南阿蘇ではテレビで見た南阿蘇鉄道が気になっていたので、始発駅である高森駅へ行くと観光用のトロッコ列車が止まっていました。↓
 
616p4300115
 
南阿蘇鉄道は地震により線路が寸断され現在も一部が不通で、開通しているのは高森駅と中松駅の間です。このトロッコ列車も両駅間を往復しています。残念ながら往復している時間はなさそうなので妻が中松駅までこの列車に乗り私はクルマで中松駅に向かいました。
中松駅で待ち合わせ、空港へ向かいます。
 
617p4300137
 
↑途中立ち寄った道の駅「あそ望の郷」にて。今回最後の阿蘇となりました。
 
二日間好天に恵まれ、良いコンサート・良いドライブとなりました。阿蘇山の周りを時計回りに回りましたが、どこから見ても雄大でスケールの大きさに圧倒されました。
 
ただ地震の爪痕があちこちに見られました。行きの飛行機からもクルマの中からも、屋根を覆うブルーシートが目に入ります。通行止めとなっている道路もあります。それと山あいの道を走っていると、谷側が崩れ落ち一車線に規制されていたりします。
 
月並みな言葉ですが、一日も早い復興を願いながら帰路に着きました。
 
撮影:OLYMPUS STYLUS1s
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

熊本地震復興支援 南こうせつコンサート(2017.4.29)

熊本地震の復興支援のため、南こうせつさんが九州阿蘇の麓で野外コンサートを4月29日に開催しました。場所は熊本県阿蘇郡産山村うぶやま牧場内の野外ステージ。
うぶやま?と思う方は、こちらの新聞記事をどうぞ
 
当日の早朝、成田から空路熊本へ、そこからレンタカーで阿蘇山の北側を回りなんとかうぶやま牧場に昼頃到着しました。
 
601p4290014_2
 
↑緑の拡がる牧場。天気も上々です。
 
602p4290009
 
↑九州だからか、色の濃い道端のスミレ。
 
603p4290023
 
↑柵を越え、外を悠々と歩いてます。
会場には地元の方が飲食物を提供してくれてます。熊本牛のステーキ丼やソフトクリームをいただき、2時の開演を待ちました。
 
604p4290018_2
 
↑開演前の観客席。芝生にシートを置き席を確保します。
開演するとすぐに「今日はゲストなしで3時間演ります」とのこうせつさんの言葉があり、全国から集まったファンからは大歓声が上がります。阿蘇の雄大な大自然のもとその言葉通りの熱い歌声に酔いしれるとともに何度か涙が流れてきました。
 
605p4290031
 
↑ステージのバックには、根子岳(左側)と高岳(右側)が悠然とそびえます。
 
606p4290032
 
↑その反対側には、大分県のくじゅう連山が広がります。
「ねがい」など普段のコンサートでは聞くことのない曲を含め全24曲、あっという間に3時間が過ぎ今想うと夢のような時間でした。
 
「経費をかけずにできるだけ寄付をしたい 」
 
そのためゲストを呼ばず一人で歌い通してくれたこうせつさん、会場の設営や駐車場の誘導等にご協力いただいた地元の方々に感謝いたします。
それから少数精鋭のバックバンドの方たちにも感謝いたします。
 
607p4290043
 
↑キーボード、シンセサイザーがマキさん。バイオリン、ギター等が足を痛めていた順平さん。足は回復したでしょうか。
 
608p4290044
 
↑ベースがテツゾーさん。パーカッションがタマちゃん。以上の4人で頑張ってくれました。「夢一夜」のときのタマちゃんのパーカッション、ドラマチックで最高でした。
 
またこのようなたっぷりとこうせつを楽しめるゆったりとしたコンサート、開催してもらいたいものです。
 
使用カメラ:OLYMPUS STYLUS1s
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »