« 千葉公園の大賀ハス(2017/6/15,20) | トップページ | 今シーズン初の尾瀬②(2017.7.6~8) »

2017年7月17日 (月)

今シーズン初の尾瀬①(2017.7.6~8)

一週間前の天気予報では曇りマークと傘マークが並んでいたので雨を覚悟していましたが、なんと一度も降られることなく尾瀬ライフを満喫してきました。
 
初日の昼頃鳩待峠から入山し、研究見本園を一回りし山ノ鼻小屋に宿泊しました。
 
601dsc_9837_2
 
↑研究見本園に入ると木道沿いにワタスゲが揺れていました。
 
602dsc_9880_2
 
↑奥のベンチに至る道
 
603dsc_9873_2
 
↑あちこちでレンゲツツジが見頃を迎えていました。↓
 
604dsc_9893_3
 
二日目の朝は暗いうちに至仏山に登り中腹で日の出を迎えるつもりでしたが、目が覚めたのは4時半。すでに外は明るかったのですが、予定通り至仏山中腹を目指しました。
大汗をかきながらどうにか森林限界の表示近くのベンチに到着、ザックを下ろしちょっと休みます。尾瀬ヶ原は厚い霧に覆われていましたが、少しするとにわかに霧が流れ出しました。尾瀬ヶ原を見渡せるところまでカメラを持ってちょっと登り撮影しました。
 
605dsc_9899_2
 
↑霧晴れる尾瀬ヶ原↓
 
606dsc_9898_2
 
6061dsc_9905_2
 
↑あっという間に消えていきました。
 
ここでのんびりとした後、下山しました。
 

|

« 千葉公園の大賀ハス(2017/6/15,20) | トップページ | 今シーズン初の尾瀬②(2017.7.6~8) »

コメント

私とは入れ違いに尾瀬入りだったのですね。
どうやら尾瀬ヶ原はこの日前後くらいがワタスゲがちょうど良かったようです。見本園もけっこうワタスゲが多かった印象です。

私は8日に山の鼻にテント泊して次の日に日の出狙いで登りそまま下山しました。中腹ベンチが撮影しやすいですが、この時期にそこを狙うと2時には出発しないといけないので睡眠不足で辛くなるので、森林限界上のベンチから10分くらいのあたりで撮影しました。もしかしたら同じ場所かもしれませんね。

投稿: てばまる | 2017年7月18日 (火) 09時40分

てばまるさん、こんにちは。
ワタスゲの群落で白一色となった湿原、とくに上田代は圧巻ですね、はじめて見ました。
至仏の中腹の撮影ポイントは、たぶんほとんど同じでしょう。何度か夜明けの撮影に登っていますが、必ず森林限界のベンチの少し上です。ホントは中腹の広いベンチまで登ってしまいたいのですが、足が遅くてたどり着きません。

投稿: youic | 2017年7月19日 (水) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552008/65547556

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン初の尾瀬①(2017.7.6~8):

« 千葉公園の大賀ハス(2017/6/15,20) | トップページ | 今シーズン初の尾瀬②(2017.7.6~8) »