2017年4月 7日 (金)

桜揺れる芝山仁王尊(2017.4.2)

先週出かけた芝山仁王尊の桜が満開になる頃だろうと思い、また出かけてみました。
まあまあいい天気ですが雲が多く時折り風が強く吹き、思うように撮影できずちょい苦労しました。ってホント、カメラマンは贅沢です。
 
この日はズームレンズではなく単焦点を3本持参しました。
 
Dsc_8639_01
 
 
Dsc_8651_01
 
↑ 上2枚  Ai Nikkor 28mm F2.8
 
Dsc_8654_01
 
↑ Af-S Nikkor 50mm F1.8G
 
Dsc_8632_01
 
↑ Ai Af Nikkor 85mm F1.8D
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

桜開花、芝山仁王尊。(2017.03.25)

自宅や会社近くの桜の開花はまだですが、九十九里に近いところではそろそろではないかと思い、天気も良いので偵察がてら出かけてきました。山武市の長光寺はほんの少しだけ開花していましたが、すぐとなりの妙宣寺はまだでした。ちょっと早いかと思いながら芝山町の芝山仁王尊へ行くと、本堂の周りのしだれ桜が三分咲き、周辺のソメイヨシノらしき桜は満開でした。
 
Dsc_8433_01
 
↑枝の下の部分が咲き出しています。満開は今度の土日でしょうか。
 
Dsc_8445_01
 
↑ 陽射しは明るく一気に春が来ました。
 
Dsc_8456_01
 
 ただ風はまだ冷たくダウンを着ていました。
 
Dsc_8512_01
 
↑ こちらはなんと満開です。ソメイヨシノに見えますが、早咲きの品種でしょうか。
 
Dsc_8517_01
 
さて今度の土日はどこへ行くか、今から楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

水仙咲く南房総へ(2016.01.10)

一週間以上前のことですが、水仙が見頃と聞き妻と南房総へ行ってきました。朝のんびりとしていたので家を出たのが10時過ぎでしたが、房総半島の真ん中にある長南町にある「笠森観音」と南房総の道の駅「富楽里とみやま」とその近くの勝山海岸をまわってきました。圏央道と館山道のおかげでスムーズに行くことができ、南房総が一段と近く感じました。

801p1100149

↑東金から圏央道に乗り長南町へ行き笠森観音へ。初詣の行列が続いています。
ところで、外の柱が長くずいぶんと高い建物と思ったら、

802p1100151

↑大きな岩の上に柱を組み建てられています。日本でただひとつ「四方懸造」と言うそうです。

805p1100166

↑この日はポカポカ陽気でコートなど必要なし。近くでは蝋梅が満開になっていました。
このあと南房総市の道の駅「富楽里とみやま」へ行き食事をし近くの水仙ロードへ。

806p1100177

↑3時近くになり陽が傾いてきています。


808p1100209

↑まさしく水仙ロード。水仙の香りの中を歩きます。

809p1100214

↑黄色も少しだけ咲いていました。

最後に海から富士山が見えるかもしれないと、勝山海岸へ。くっきりと海に浮かんでいる富士山を発見、印旛沼越しの富士山とは大きさがまるで違い、ちょっと感激です。

702p1100248

↑波の音を聞きながら。

703p1100253

↑一日の漁を終えた漁船でしょうか。

木更津で多少渋滞したものの圏央道を使いスムーズに帰ることができました。
ところで、圏央道が全線開通すればは東関道から関越につながるので尾瀬に行くのが便利になります。待ち遠しいものです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

南房総鋸南町の頼朝桜(3/5)

約830年前石橋山の戦いに敗れた源頼朝が、当地へ上陸し再起を図り後の鎌倉幕府を開いたことにちなみ、鋸南町では河津桜を頼朝桜と名付け14,000本植栽しています。

一度この頼朝桜を鑑賞しようと、天気の良さそうな5日(木)に休みを取り出かけてきました。まずは佐久間ダムへ。

601p3050006

↑もう終わっていると思っていたスイセンが満開、春の香りで一杯でした。

602p3050016

↑ここの桜は満開一歩手前。

603p3050025

↑遊歩道を登るにつれ開花が進んでいます。

604p3050030

↑日当たりの良い南斜面では満開。スイセンは終わっています。

605p3050034

↑山の北側、渓流の小径を散策。

606p3050036

↑椿

この後、スイセンの名所おくずれ(大崩)に寄ってみました。

607p3050066

↑静かな山間の地に桜と菜の花。

608p3050047

どちらも満開でした。

海の近くで昼を食べ、保田川へ。

609p3050078

↑映り込みが撮りたくて川の浅瀬へ入りました。

610p3050087

↑千葉はやっぱり菜の花。

この日の締めは、映画の舞台になった岬カフェ。断崖絶壁の明鐘岬にあります。原作を読んでいたので、吉永小百合さんが主演と知り見に行こうと思っていたのですが、見逃してしまいました。

611p3050093

↑平日ですが大賑わ合いでした。

612p3050102

↑店の前からの眺め。この日は雲が多く夕焼けとはならなかったですが、焼けたらすごいでしょうね。

613p3050097

↑店内から。海を見ながらのコーヒー、格別でした。


ところで・・・

先日、NHKで北海道の小樽の番組を見ました。北海道の中心都市といえば札幌、小樽はただの地方都市と思っていましたが大きな勘違い。先月小樽に行く前にこの番組を見ていたらなぁと、ひとり残念がっています。
昼間撮った写真、もう一度見直し近々アップいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

養老渓谷を散歩(2月1日)

もう10日も経ってしまいましたが・・・

この日印旛沼で夜明けを撮影し家に帰りましたが、天気が良いので妻とドライブに行くことにしました。
で、どこに行こうか?
紅葉の時期に養老渓谷に行った妻が、冬につららができるようなので行ってみないかと言う。
冬でも温暖な房総で?と思ったが、ここのところ運動不足なのでハイキング気分で行くことにしました。

すぐ出かければいいものの、なんだかんだで家を出たのは、11時近く。早朝つららができていても着くころには溶けてそうです。道中ネットで調べると梅ケ瀬渓谷にあるようで近くの大福山の駐車場を目指し、着いたのは午後1時前でした。

603p2010231

↑梅ケ瀬渓谷への入り口からの展望。ここから山道を下って行きます。

604p2010232

↑紅葉の時期にはたくさんのハイカーが行き来するので、道は整備されています。この日出会ったハイカーは3組でした。のんびり40分ほど歩くと渓谷に降り立ちます。

605p2010241

↑おだやかな日差しが川面に光ります。このせせらぎが渡りながら先に進みます。

606p2010244

↑新緑かと思うような映り込みに出会ったりします。
山間の澄んだ空気とゆるやかな水の流れがいい感じです。気持ち良く歩いていると汗ばんできます。

この陽気ではつららなんてできないだろうと話していたら、急に冷気を感じます。切り立った斜面があり、そこだけ薄暗く霊気も感じるようなところです。

なんか気味が悪いなぁ、と言いながら見上げると、

607p2010248

むき出しになった木の根が凍っているようです。近くへ行くと、

608p2010252

確かに凍っています。だいぶ溶けたようなので早朝ならもっと大きかったのでしょう。土の中からは水分がしみ出し、ぽたぽたと垂れています。

これが梅ケ瀬渓谷のつららなのかどうかわかりませんが、今日はこれで満足し来た道を戻ります。

609p2010267

↑陽射しの当たる斜面を登ると、汗が吹き出てきます。

610p2010277

↑駐車場に3時過ぎに到着。梅がほころび初めていました。

612p2010287

↑帰りに見かけた、小湊鉄道の駅。

613p2010288

↑誰もいないホームから。

圏央道をはじめて使いましたが、速いし快適でした。南房総が近くなったことを実感しました。朝早く出たら、軽く一周できますね。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

銚子をちょこっと散策(6/22)

6/22(土)、千葉県の最も東にあたる銚子で、南こうせつさんのコンサートがあり妻と行ってきました。
10時半ごろ家を出、正午ごろ銚子市内に到着、クルマを降りると風に乗って磯の香りが流れてきます。まずは今日のおやつと子どもへのみやげに銚子名物のあんぱんほかいろいろなパンを購入しました。このパン屋さんはもともとは和菓子のお店で、パンのとなりのケースには和菓子が並んでいます。最近は洒落た感じのパン屋が増えましたが、ショーケースをはさんでの対面販売もいいものです。

501dc16

あんぱんは、あんがたっぷりでまず重さに驚きます。一口食べると、甘くておいしいプラスちょこっとしょっぱいような・・・でもそこがおいしさの秘訣のようです。たくさん買ったつもりですが帰るまでにほとんど食べてしまいました。

そして今日の会場銚子市青少年文化会館へ行き20名ほどのファンの方たちとともにこうせつさんをお出迎えしたあと、一番先端の港町外川へ向かいました。この外川はローカル列車銚子電鉄の終点で、その昔NHKの朝の連続ドラマ「澪つくし」の舞台となった地です。

502rimg25382

↑コンサート会場の銚子市青少年文化会館。向かって右側はプラネタリュウム。

503rimg25383

↑この日の海はとても穏やかでした。 ♪白い白い波が砂に消える~とき~♪

504rimg25384

↑外川駅。とがわではなく、とかわだそうです。知らなかった~。ここだけ青空でした。

クルマを停め、散策。ガイドブックにあった寿司屋へ行きたかったのですが、2時を回り休憩のようで閉まってました。

509rimg25385 

↑細い道がこまかく走っています。このゆるい坂を下ると海です。肉眼でははっきり見えましたが、この写真ではわかりませんね。

506rimg25399

↑町を一回りして駅に戻ると、電車が入ってきました。

さてさすがにお腹がすきました。一駅先の犬吠駅の近くに回転寿司の店があると聞き、その店に行きガッツリと食べました。キンメダイ、イワシそれに伊達巻にとろけてました。

さて、どうしても銚子電鉄に乗りたいワタシはクルマを妻に任せ、一人犬吠駅へ。そしてコンサート会場最寄りの観音駅まで電車に乗り、そこから歩くことにしました。犬吠駅で20分ほど時間があり名物のぬれせんとサンマの煮物を買いました。

510rimg25422

↑犬吠駅は外川駅と趣きがまったく異なります。

511rimg25425

↑電車が来ました。この電車に乗ります。

508rimg25432

↑単線なので途中の駅ですれ違いがありました。この赤い電車は、丸の内線を走っていた車両で、クリーム色は京王線だそうです。一眼デジに望遠を付けた撮り鉄さんに教えてもらいました。

車内は座席が半分ほどうまった状態で、観光客と地元の人と半々といったところでした。窓を開け風を感じながらゆっくりと流れる田園風景を見入っていると、すぐに観音駅に到着、会場への坂道を登りました。

そしてコンサートを堪能、いい一日でした。

コンサートのことは、また後日アップしたいと思います。・・・が、いつになるかちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

SLおいでよ銚子号(JR成田線)

この三連休にJR成田線佐原・銚子間をSLが走るというので、昨日(2/10)見てきました。
新聞によると、初日はたくさんの人出で沿線が賑わったようです。

SLは佐原を午後二時前に出発し銚子へ向かいます。始発駅の佐原は混みそうなので、少し先の小見川駅あたりで見物しその先の30分停車する笹川駅へクルマで先回りし入場券でホームに入るという予定をたてました。SLの撮影は始めて。ふだん動く物を撮ったことがないので、自信がありません。コンデジで広めに撮って後からトリミングの作戦です。

クルマで佐原を過ぎ線路沿いの道を走っていると、至る所で見物人や三脚を立てたカメラマンを目にします。考えていた以上に人がいます。土地勘はまったくありませんが、小見川駅の手前で見通しが良いところがありクルマも数台停まっていたので、そこでまず見物することにします。

田んぼのあぜ道に入り線路のそばに行くと、けっこう人が。こんなところに集まるとは!
まぁ、人のことは言えませんが。

500rimg23291

しばらくすると、遠くから汽笛が聞こえてきます。そして黒い煙が上がってきました。
そして、「あ~、キター」と思っていたら行ってしまいました。夢中で撮った一枚です。

501rimg23301

↑もちろんトリミングしています。そして次の一枚が、

502rimg23302

↑これはノートリミング。カメラを少し上に向け、煙を全部入れたかった~。

さてすぐに笹川駅に向かいますが、国道は渋滞です。どうにか出発時間直前に駅に着いたのですが、クルマを停めるところがありません。半分あきらめ前のクルマに付いていくと線路沿いの細い道に。前が動かず停まっていると、汽笛が鳴っています。あわててクルマから降り、どうにか撮ることができました。

503rimg23308

↑横位置で撮ったものをトリミングして縦位置にしています。

504rimg23313 

↑最後の一枚。銚子発佐原行きのときには、このディーゼルカーが引っ張ります。

なかなか楽しい時間でした。こんなことしてると、連射できるデジタル一眼がやっぱり欲しくなりますなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

春の南房総へ(3/24~25)

もう一週間前のことですが、南房総へ一泊で行ってきました。

私の父親は、大正13年生まれで今年誕生日が来ると88歳になります。そこで米寿のお祝いを行おうと、鴨川での一泊旅行を計画しました。総勢9名、私の両親、私の妹家族4名、我が家が3名です。あとウチの娘が参加すれば、一応一族勢揃いだったのですが、欠席となりました。
土曜日の午後3時頃にホテル集合でしたので、のんびりと1時ごろ家を出ました。両親は近くに住む妹家族が連れてきます。

予定通り、3時にホテルに到着。雲っています。502rimg20884

でも、なんとなく南国の雰囲気です。

503rimg20892

チェックインすると、目の前が海。

501rimg20881

ゆったりと温泉に浸かり、夕食へ。9名には広すぎるほどの部屋で、あわび、伊勢エビなどの新鮮な海産物とおいしいお酒で、長寿を祝いました。

食事が終るとカラオケがやりたいとのリクエストが、81歳の母親から。ホテル内のカラオケボックスへ席を移し、一時間ほどカラオケを楽しみました。親とカラオケははじめてですが、元気な歌声にびっくりでした。

翌日、早朝の露天風呂のあと、朝食まで時間があったので大山千枚田まで行ってみました。海辺のホテルから15分ほどクルマを走らせると、山あいの丘陵地になりたくさんの棚田が広がってきます。

501rimg20916

この棚田には農業用水が引けないため、今から雨水をためておくそうです。おかげで朝日が輝いています。棚田の近くには、梅と水仙がどうにか散らずに咲いていてくれました。

502rimg20937

朝食後、近くのお寺をお参りしたあとは、早く帰りたいようなので帰路へ。途中、富浦の道の駅だけ寄りました。

裏手に出ると、河津桜が満開です。こちらでは、頼朝桜と呼んでいます。

503rimg20993

そして満開の菜の花。

504rimg21003

ここで解散しそれぞれ帰路につきました。

今のところ、父も母も元気でなによりです。
元気なうちにたくさん親孝行しないとな!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

南房総花めぐり

今日は振替休日。

温暖な南房総は、この時期はもう花盛り。風が強く天気も晴れではなさそうですが、

妻と二人で出掛けてきました。

朝6:30、小雨の中を出発、8時ごろに鋸南町の「をくづれ水仙郷」と「佐久間ダム」へ。

可憐な水仙が出迎えてくれます。甘い香りです。

8002

梅がもう五分咲きです。

800

雨は上がり、雫が残る。

800_2

このあと、房総半島の最南端千倉へ。

白間津の花畑が有名です。

すぐそこに海が見えます。

800_3

花屋さんもたくさんあります。

800_4

鋸南町に戻り、漁協直営の食事処ばんやで昼食。

時間があるので、木更津でゆっくり入浴して帰ってきました。

天気はぱっとしなかったですが、混雑や渋滞もなく、

満足度の高い一日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)